九州地区出身の東京校卒業生・在校生の声

東京CPA会計学院の「考える教育」とはどういう物なのか、なかなか理解していただくのは難しいのですが、参考までに、実際に「考える教育」を体験した学生たちの感想をご一読ください(熊本校開設を踏まえ、ここでは九州地区の出身者を選んでいます)。

水村陽介(熊本商業高校 会計科卒 税理士)

税理士として仕事をしていく中で、CPAで学んだホンモノの会計教育がとても役立っています。なぜ経営に会計が必要なのか、それを経営にどう活かすかといったことは、ただ資格試験に合格するためだけで勉強していたら、まず身につきませんでした。私は、実務において役に立つ、本当の意味での会計スキルを学ぶことができる学校は、CPA以外にないと思います。


濱口堅人(熊本商業高校 商業科卒 税理士試験合格)

CPAでは他の学校と違い、暗記の勉強ではなく、考えることに重点をおいた勉強というものを学びました。税理士試験の勉強は難しく、かつ、ボリュームがあるものだったので、講義や問題を通じて、結論ではなくそれに至るまでのプロセスを教えてもらえたことでただの暗記とは異なる理解の伴った知識を手に入れることができ、短期間での合格ができたのだと思います。


 

井上恭輔(八女学院高校 普通科卒)

CPAでの勉強は、高校までの暗記に頼った勉強とは違い、自分の頭で「なぜ?どうして?」を納得いくまで考える積極的な攻めの勉強です。私は、高校卒業後1年間大学に行きました。大学とCPAの違いは、ズバリ「本物の簿記」を学べるということでしょう。勉強とは嫌なものであるというイメージがあるかもしれませんが、CPAでの勉強は、本当に楽しく、先生や生徒がみんな本気なので、自分をとても成長させることができる場所だと思います。


本田惣一郎(熊本北高校 普通科卒)

やりたい事がない、遊びたい、周りの皆が行く、という理由でなんとなく大学に行き、将来に不安を抱え、苦労し、後悔をしている友達が何人もいます。学歴社会は崩壊しつつあり、これからの時代に必要なことは何か、皆悩むはずです。答えはCPAにあります。すべての職業に応用が効く「簿記」を通じて「物事の考察力」を身につければ、一生ものの実力を得ることができるのです。


三村拓矢(熊本商業高校 商業科卒)

CPAの学習方針で1番印象が強かったのは「答えなんかどうでもいい、大切なのは、プロセスだ」という考え方です。これにより、勉強の仕方がただ、答えを求めるだけのパターン学習にならず、常になぜ、どうしてと意識するようになりました。こういった学習を続けることにより、CPAに入る前の自分に比べ、勉強に対する意欲が高まったことを実感しています。


竹原和久(熊本商業高校 会計科卒)

CPAでは、先生方の指導がとても熱く、生徒全員がやる気があるので、積極的に勉強ができる環境だと感じました。実は、CPAに来て、生まれて始めて勉強が楽しいと感じました。多くの人にこの勉強を実感してもらえたらと思います。


河津竜大(熊本商業高校 会計科卒)

CPAでは、「試験に受かるための勉強」ではなく「実社会で通用する勉強」を学ぶことができ、会計のプロとしての本物の実力を身につけることできます。自分で考え、納得するまで勉強し、着実に力を付けるCPAの勉強スタイルで、本気で本物の会計を学んだ期間は、自分にとって貴重な2年間でした。これから社会にでてからも非常に楽しみです。


鍬田言納(尚絅高校卒)

この学校に来て良かったところは、同じ目標を持つ仲間とそれを支えてくれる指導熱心な先生に出会えたことです。実際にこの1年で、授業中にわからなかった問題点や疑問点も休み時間や放課後に討論し「理解をして自分のものにする」という勉学の本質を学びました。資格取得を最終目標としないCPAならではの教育方針を皆さんもぜひ学びに来てください。


赤池拓弥(熊本商業高校 商業科卒)

私はこの学校の2年間で、多くのものを得ることができました。資格はもちろん教養など、人として非常に大切なものを学ぶことができました。


鯖江悠平(熊本商業高校 会計科卒)

CPAでは、会計のみだけではなく現在社会が求めている即戦力になれるよう「考える勉強」と「人間力」の向上という、他の学校では考えられないようなことを学ばせていただきました。本当の勝負は試験ではなく社会に出てからが始まりだと思います。


村上希(熊本商業高校 商業科卒)

CPAでの生活は楽しいです。講義は根拠や理由が中心で、先生方がとにかく熱いです。放課後も講義の復習や問題を解いたり、自分なりの課題に取り組んでいます。1日の大半は会計の勉強ですが、今は「1日が36時間くらいあればいいのに」と思う程充実しています。


江崎洋(熊本商業高校 会計科卒)

CPAで「考えることの重要性」を学びました。日頃から「なぜ?どうして?」と疑問を持ち、それを解決するために考える習慣があるからです。これこそ勉強の醍醐味であり、社会で必要な力でもあります。その「考えることの重要性」を教えてくれる学校、それがCPAなのです。


中島葵(熊本商業高校 会計科卒)

CPAでは毎日が自分との戦いです。高校の時とは違い、制限されることなく簿記と向き合い、「自分の甘さを捨て、自主性を持ち学んでいくことが如何に大切か」を痛切に感じています。またCPAの先生方は、簿記以外に、授業を通じて、これからを生きていく上で大切な事を教えて下さいます。


澤田侑茉(熊本商業高校 会計科卒)

CPAのテキストを使わない講義に最初はとても驚きました。ここでの勉強は今までの暗記中心の勉強とは全く対照的で、常に「なんのために」 「なぜ、どうして」と目的・根拠を考えさせられます。悩んだり、つまずくことばかりですが、それを乗り越えて「理解」を実感できたときは、勉強は苦痛ばかりでなく、楽しく面白いものだと感じるようになりました。


山口幸恵(八代東高校 情報ビジネス科卒)

CPAでは、社会に出て率先力として働くための能力を身に付けられます。そして特に、答えを導き出すまでの過程を大切にしています。私も物事の考え方を理解するよう心がけ、常になぜどうしてと考えることにより、自分の視野を広げることができました。

“平成29年度募集要項”/
東京CPA会計学院住所・電話番号
東京CPA会計学院熊本校ブログ
ページ上部へ戻る